• ホーム
  • 緊急避妊薬のアフターピルの効果について

緊急避妊薬のアフターピルの効果について

考えている女

アフターピルは緊急的に妊娠を回避するために使用する薬です。
性交渉の時にコンドームを使用しなかった場合や使用しても途中で破れてしまった場合、途中で外れてしまった場合などに使われることが多いです。
このような場合は妊娠の可能性が出てきてしまいますし、妊娠を望まない場合は緊急避妊薬であるアフターピルの服用が必要となるでしょう。
また、性交渉を強要されて避妊ができなかったケースに用いられることもあります。

アフターピルの避妊率は約80%となっており、望まない妊娠のほとんどを防ぐことができます。
しかし、100%避妊できるというわけではありませんし、服用方法が間違っていた場合などは効果が得られないこともあります。
そのため正しい服用方法をきちんとチェックしておきましょう。

アフターピルは性交渉後72時間以内に服用する必要があります。
この薬には女性ホルモンが含まれており、排卵を遅らせて子宮内膜への着床を阻害することにより、妊娠を回避するという仕組みです。
ちなみに、この薬は中絶させるわけではなく、受精卵が着床してから服用しても効果は得られません。
また、ホルモンバランスを急激に変化させるという薬であり、あくまで緊急用ということを覚えておきましょう。
毎回この薬を飲んでいると体への負担がかなり大きくなってしまいますし、いざという時のために用意しておくことがポイントです。

アフターピルを服用した場合、吐き気や頭痛、眩暈、眠気などといった副作用が発生してしまうことがあります。
重篤な副作用のリスクなどはありませんが、服用して2時間以内に嘔吐してしまった場合、もう一度服用しなくてはいけないことがあります。
基本的に副作用として現れる症状が1日以上続くことはないとされています。
なかなか症状が治まらない場合はドクターの診断を受けるようにしましょう。

アフターピルを入手するには医療機関を受診する必要があります。
保険適用外なので医療機関ごとに金額は異なっていますが、1万円程度かかってしまうこともあります。

また、処方されるアフターピルは1箱に1錠となっており、必要な量しか処方してもらえません。
現在では処方箋なしで入手することができるアイピルが人気となっています。
アイピルはアフターピルのジェネリック医薬品であり、個人輸入代行サイトを利用すれば手軽に手に入れることができます。

アフターピルはもしもの時のために持ち歩こう

アフターピルは避妊を失敗した時に妊娠を回避できる優れた薬ですが、正しい効果を得るためにはできるだけ早く服用しなければなりません。
一般的に、避妊に失敗してから72時間以内に服用すると、約84%という高い確率で避妊が可能です。
24時間以内なら約95%避妊が成功するので、いかに早く服用することが重要かが分かります。

コンドームを使って避妊していても、その避妊成功率は約80%しかありません。
装着のタイミングを間違えたり、使用中に敗れてしまうこともあります。
コンドームがあるからと安心していると、思わぬ妊娠をしてしまう可能性も十分にあり得ます。
性行為をする以上は、万が一の事態に備えてアフターピルを準備しておいた方が安心です。

ただ、日本ではアフターピルを入手するには病院を受診するしかありません。
効果の強さから、身体への負担や副作用を危惧して医師の診察を受けなければ処方してもらえなくなっています。
しかし、仕事が忙しかったり婦人科の受診に抵抗がある人などは病院へ行けず、前もってアフターピルを準備できないでしょう。

そんな場合は、インターネット通販でアフターピルを購入すると便利です。
アイピルのように病院でも処方されているアフターピルは、ネット通販で海外から取り寄せることができます。
アイピル以外にも海外で流通している数多くの銘柄やジェネリックも注文可能なので、値段や体質に適したものを自由に選ぶことができます。

いざ避妊に失敗してから慌てて注文しても間に合わないので、前もって注文しておきましょう。
常に持ち歩いておけば、予定外に性行為をすることになっても安心です。
ただ、使い方を正しく理解しておかないと副作用が出たりして危険なので、1度は医師に相談しながら処方してもらうことをお勧めします。