• ホーム
  • トリキュラーなどのピルはニキビや肌荒れにも効果的

トリキュラーなどのピルはニキビや肌荒れにも効果的

ピンクシャツをする女

近年我が国においても諸外国同様に低用量ピルが解禁となっており、利用している女性も増えているようです。
実はこの内服薬は女性の揺らぎやすい肌のトラブルにも効果的で、特に最近よく聞かれている大人ニキビなどの肌荒れの治療に処方されることもあります。

女性のお肌はホルモンバランスと大きく関係しており、睡眠不足やストレスなどが要因となってバランスが崩れると、様々な肌トラブルを呼び起こしてしまいます。
ホルモンバランスが整っている時は女性ホルモンが優位に立ちます。
崩れてしまうと男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうため皮脂量が増え、毛穴が詰まりアクネ菌が増殖するとニキビへと進行してしまうのです。

このような状態になってしまうとなかなか自力では回復できません。
トリキュラーなどを服用することで体内の女性ホルモン量を増やし、積極的にホルモンバランスを整えるように働きかけることで、ニキビが出来にくい肌質へと改善させていきます。
トリキュラーは日本人向けに作られている分、飲みやすい低用量ピルと言われているので、婦人科だけではなく皮膚科などでの処方も増えています。

また更年期に多いとされている肌荒れも、女子ホルモンの分泌が減ってきていることが原因で肌のバリア機能が低下してしまうと、外部の刺激を侵入させてしまうようになります。
これに肌が過敏に反応してしまうので、プラセンタや低用量ピルで女性ホルモン量を増やすと効果的です。

女性ホルモンを含有するトリキュラーはまさに美しい素肌を作る医薬品といっても過言ではありません。
効率良く女性ホルモンが補えるため、加齢とともにしぼんでしまった年齢肌を若いころのようなツヤツヤの美肌へと甦らせてくれるでしょう。
ホルモンバランスが正常に整うことで肌の脂分と水分のバランスも整い、トラブルを寄せ付けない健康的な肌質に回復していきます。

トリキュラーは安全性も高く我が国では一番人気が高い低用量ピルであり、好んで使う医師も多くすぐに処方してもらえます。

ニキビ跡に悩んでいるならプラセンタ

トリキュラーはニキビ治療にも用いられている低用量ピルです。
ピルは避妊薬としてのイメージが強いので、処方してもらうには婦人科やレディースクリニックを受診しなければいけないと、考えている人も多いのではないでしょうか。
このような医療機関でも処方していますが、トリキュラーをニキビ治療として取り扱っている皮膚科が増えているようです。

婦人科・レディースクリニックを受診するのには抵抗感があるという場合は、皮膚科に低用量ピルでニキビの治療ができないか相談してみると良いでしょう。
ただホルモンバランスの乱れによるニキビは、トリキュラーを服用して改善できるかもしれませんが、色素沈着タイプのニキビ跡となると低用量ピルでの治療では改善することができません。

色素沈着タイプはニキビが炎症を起こし、その部分に多くのメラニン色素が作られることで起こる肌荒れです。
トリキュラーはニキビを解消したり、できにくくするといった予防には効果を発揮しても、色素沈着を薄くすることはできないようです。
もし、低用量ピルで治療を行った後、色素沈着タイプのニキビ跡が残ってしまったという場合は、プラセンタでケアをしてみてはいかがでしょうか。

プラセンタにはアミノ酸や成長因子などが含まれており、肌のターンオーバーを促す作用があります。
肌のターンオーバーがスムーズに行われるようになれば、肌細胞に沈着していたメラニン色素が垢として剥がれやすくなり結果、シミのようなニキビ跡を薄くする効果がアップします。
プラセンタは化粧品だけでなく、美容ドリンクやサプリメントなどにも使われています。
身体の内側・外側からプラセンタを補って、色素沈着タイプのニキビ跡のケアを行ってみましょう。