• ホーム
  • トリキュラーが合わない人はマーベロンを試してみよう

トリキュラーが合わない人はマーベロンを試してみよう

短い髪をする女

トリキュラーなどの低用量ピルは正しい使い方を行うと避妊することができ、妊娠したくなったら服用をやめると妊娠準備に入ることができ28日サイクルで月経周期を安定しやすくできます。
現在社会の女性に合った避妊方法として人気がある薬です。
トリキュラーが合わない人はマーベロンを試してみると良いでしょう。
マーベロンは避妊を補助するのに利用薬としてエチニルエストラジオールとデソゲストレルが含まれています。

2つの有効成分を合わしていてエチニルエストラジオールはエストロゲン薬と呼ばれており、デソゲストレルはプロゲステロン薬と呼ばれている薬です。
妊娠するのに重要な働きをする物質には女性ホルモンが知られていますが、女性ホルモンが作用することから月経が起きたり生理周期の調節が行われます。
女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、エストロゲンやプロゲステロンとして作用される薬を投与し避妊することが可能になるのです。
体内にはエストロゲンやプロゲステロンがあると脳は既に卵胞が成熟していると勘違いし、卵胞は成熟しなくなるので排卵が抑えられ避妊効果を得られるようになります。

女性ホルモンを分泌させ排卵を抑えたり、妊娠しないようにする医薬品がマーベロンです。
避妊目的はもちろんマーベロンにはさまざまな作用があり、例えば月経時子宮内膜が剥がれ落ちる際に激しい痛みを伴いますがこのような痛みを軽減することが可能です。

月経困難症と表現することもあり、マーベロンを投与することで卵胞の成熟や子宮内膜の増殖などを抑制することができます。
月経困難症の軽減に繋がり、生理不順の解消や子宮内膜症などにも応用されることがあります。
薬は21日間連続して服用し、その後7日間休薬期間を設けます。休薬期間は薬を7日間飲まなかったり、薬の成分のない偽薬を飲みます。
偽薬を飲むと飲み忘れすることがないので安心です。

マーベロンの副作用と服用時の注意

マーベロンは避妊だけでなく子宮内膜症や月経困難症など、様々な病気の治療を行う際に処方されることが多い低用量ピルです。
低用量ピルは配合している合成ホルモン製剤の量が抑えられているということもあり、比較的副作用が起こることは少ないと言われています。

ただし、医薬品ですので副作用が出たというケースも多く報告されているようです。
マーベロンを服用した際には、どのような副作用が起こりやすいのでしょうか。
マーベロンにはエチニルエストラジオールと、デソゲストレルが主成分として配合されています。
エチニルエストラジオールはエストロゲン、デソゲストレルはプロゲステロンと同じ作用をする女性ホルモンです。

マーベロンを服用するとこの両方の合成ホルモン製剤によって、エストロゲンとプロゲステロンを分泌している状態を作り出します。
この2つの女性ホルモンが分泌されている状態は妊娠中です。
人工的に妊娠初期の身体と同じ状態を作り出すことで、避妊の効果を得られるようになっています。

妊娠初期には身体の不調を感じやすいですが、マーベロンを服用することで同じような感覚を感じる人が多いようです。
また急激に女性ホルモンのバランスが変わるため、身体がその変化についていけず副作用を起こす場合もあります。
吐き気や急な嘔吐、頭痛や腹痛、身体のむくみや胸の痛みやハリ感などが、マーベロンで起こりやすい副作用です。
マーベロンと同じ低用量ピルのトリキュラーでも、このような副作用が現れます。

マーベロンを摂取する際は、副作用だけでなく服用時にも注意しなければいけません。
避妊目的で摂取する場合は、必ず毎日服用するようにしましょう。
続けて飲まなかった場合、女性ホルモンバランスが変わり排卵してしまう可能性があります。
排卵すると避妊の効果は得られません。

毎日服用を続けるだけでなく、できるだけ同じ時間帯に飲むことも注意したいポイントです。
時間がずれてしまうと、女性ホルモンのバランスが変わる恐れがあるためです。
朝起きた時など自分で服用するタイミングを決めて、服用を続けるようにしましょう。