カプセルの瓶

日本でも低用量ピルの処方ができるようになり、今では多くの人が低用量ピルを使うようになりました。
その中でも人気が高いのがトリキュラーで体への負担が少ないように作られていることと、しっかりした避妊効果があることで定評があるピルです。
もしピルを使用したいと考えている人は、トリキュラーを使ってみることを視野に入れてみてもいいかもしれません。
多くの人が愛用していることからもトリキュラーの良さがよくわかります。

低用量ピル「トリキュラー」の避妊効果

低用量ピルのひとつであるトリキュラーはピルの種類の中でも3相性ピルと呼ばれているもので、錠剤に含まれるホルモンの量が3段階に変化することが特徴です。
トリキュラーに含まれている女性ホルモンは黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルが配合されており、卵胞ホルモンとしてはエチニルエストラジオールが配合されています。

これらのふたつのホルモンは自然の女性の体のサイクルに合わせるような配合量で作られていて、レボノルゲストレルは周期の前半が最も低く後半に行くにつれて徐々に量が増えていくという作りになっています。
エチニルエストラジオールは周期の中間部分の時期に最も量が多くなるように配合されており、配合量の変化のつけかたもきちんと計算をされて作られているために、副作用が出にくいようにできていることが特徴です。

そしてトリキュラーの特徴のひとつが避妊効果の高さで、決まった手順通りに服用を続けていれば、ほぼ100%の確率で妊娠を予防することができると言われています。
注意しなくてはいけないのが、きちんと飲み忘れなく服用した時の避妊率が高いということで、飲み忘れなどがあった時には避妊率が下がってしまいます。

トリキュラーは3相性のピルで含まれているホルモン量に違いがあるために、ホルモン量の配合の少ない周期の初期の時期に飲み忘れをすると、すぐに避妊効果が落ちることがありますが、どうしても飲み忘れをする人が多いという現状があり、稀に避妊に失敗をしてしまう人がいるようです。
どんなピルでもそうですが、ピルは24時間しか効果が続かないようにできているので、飲み忘れが何度も続いたり、2日以上の飲み忘れがあると、どうしても避妊効果が下がってしまいます。

トリキュラーの副作用は主に飲み始めに症状が出る

トリキュラーは副作用が少ないというのも人気がある理由のひとつで、他の低用量ピルを使用していたけれど副作用がきつくトリキュラーに変えて長く愛用しているという人が多くいます。
しかし、トリキュラーも低用量ピルの一種で、体に女性ホルモンを取り入れるということには変わりないために、全く副作用が起きないというわけではありません。

特に副作用が出やすいのが、飲み始めの時期だと言われていて、ほとんどの人が飲み始めにはなんらかの体の異変を感じるようです。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンの量は効果を出せる限界まで少なくしてあります。
それでも、今まで体の中だけで女性ホルモンを分泌していた体にとっては、外から女性ホルモンが入ってくることがストレスになり、慣れるまでは身体が混乱をすることがあります。

つまり飲み始めの時期に起こる副作用は、身体がトリキュラーに慣れていないために起こるもので、身体が慣れてしまえばそれらの症状は軽くなったり、全く見られなくなる可能性があるということです。
そのため、もしも飲み始めの時期に副作用かもしれないと思われる症状が出た時には、我慢できる程度であれば、しばらく様子を見ることをおすすめします。
時間が経って身体が慣れてくると、徐々にそういった症状がみられなくなる可能性があるからです。

トリキュラーの服用でよく見られる副作用は吐き気や頭痛です。
これは他の低用量ピルでも最もよくみられる症状で、身体の中の女性ホルモン量のバランスの乱れで起こるものです。
他に重篤な症状を引き起こす可能性があるものが血栓症で、大きな血管がつまると合併症を起こすこともあります。
血栓症も飲み始めの時期に起こることが多いので、飲み始めの時期は常に体調の変化に気をつけて過ごしましょう。

トリキュラーの服用方法

トリキュラーは3相性の低用量ピルなので服用をする順番に決まりがあります。
決まり通りに服用をしないと確実な避妊効果は得られないので、必ずトリキュラーの服用方法を理解してから服用を始めるようにしましょう。

まずトリキュラーを飲み始める時には生理が始まってから1日目から飲み始めます。
飲み始めの時期には色々な方法があり、生理の1日目に飲み始める方法の他には、生理が始まってから最初の日曜日に開始するという方法があります。
この方法だと初日が日曜日になるので、周期の日数を確認しやすいというメリットがあります。
始め方は自分の好みの方法でよいと思います。

またもうひとつの方法は生理までの日数が長い時には、すぐに飲み始めるという方法もあります。
ちょうど生理が終わったばかりという時にはこういった始め方もあるということを覚えておきましょう。

実際にトリキュラーを飲み始める時には、シートの1日目の赤い錠剤からのみ始めて、そのまま6日間は赤い錠剤を飲み続けます。
次に7日目からは白い錠剤に変わり、12日目からは黄色の錠剤に変わります。
色が違うのは含まれているホルモンの違いがあるからなので、決まったものを飲む必要があるので間違えないようにしましょう。

そして、休薬期間にホルモンが配合されていない錠剤がついているタイプのトリキュラーの場合には、その後に7日分の休薬期の錠剤を服用します。
これは飲み忘れを防ぐために準備されているものなので、飲み忘れがあっても大丈夫です。
休薬期間の錠剤がついていないタイプの時には何も服用せずに7日間を過ごします。

トリキュラーは毎日同じ時間に服用することで初めて効果を発揮する薬なので、飲み忘れがないように毎日決まった時間に服用しましょう。

他の薬と併用する場合は医師に相談

トリキュラーは低用量ピルなので薬の一種になり、他の薬と一緒に使うことで体に影響がでたり、薬の効果が弱くなってしまうなどの障害が起こることがあります。

トリキュラーに影響を与えるとされている薬が抗菌薬です。
抗菌薬は色々な病気の際に使用されるため、多くの人が利用したことがあるはずで、トリキュラーを使用している人も抗菌薬を処方される機会があるかもしれません。
そのような時にはきちんと、ピルの服用をしていることを医師に伝えて、医師の判断を待ちましょう。
自己判断で同時に使用してしまうと避妊効果が下がることがあるので注意が必要です。

他にはテテトラサイクリン系の抗生物質もトリキュラーと一緒に使用できないことがあります。
テトラサイクリン系の抗生物質は発熱をした時などによく使われいているので、使用者多い薬です。
これも同時に服用することになった時にはしっかりと医師に相談をしてから使用するようにしましょう。

ペニシリン系抗生物質や抗結核薬もトリキュラーと同時に使うと影響が出てしまう危険があります。
結核の薬は結核にかからない限り使うことはないと思いますが、ペニシリン系の抗生物質は何かの機会に使うことがあるかもしれないものです。
病院にかかることがあった時には、どのような薬を使用するかわからないので、薬を処方されるような機会があった時には、どのような薬であってもピルと一緒に使うことができるかを確認しておくと安心です。

もしも、一緒に使うことができない場合には、必要度の低いどちらかの薬の服用を中止することになります。
ピルの服用を中止する時には、避妊効果がなくなっているので、他の方法できちんと避妊をするようにしましょう。